方針・理念

基本方針

技術を中心とした品質奉仕

社 是

  • すべてムダなくキレイにしましょう
  • ろ過工業を通じて世界に飛躍しよう
  • 安定した生活と公平なる配分をしよう
  • 和の精神に徹し一致協力の実をあげよう

あいさつ

初秋の候 貴社益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。また平素は弊社諸事業の遂行に格別のご指導、ご支援を賜りますこと誠に有難く厚く御礼申し上げます。

さて弊社では、戦後間もない昭和23年に搾油機や製粉・精米機等の製造販売を生業とし創業して以来、お蔭様で本日9月1日、創立満70周年の節目の時を迎えることができました。顧みますればその間、草創期に「ろ過」を事業の核に据えて以来、日本経済の高度成長と歩を一にしつつ中小企業の枠を超えた研究開発型企業としての途をひたすら歩んで参りましたが、その過程では未だ黎明期に在った「環境事業(排水処理)分野」の開拓や、更に近時では幾多の公的機関から「リサイクリング事業分野」での最先発企業としての事績もご評価戴くことで、国内は許より広く世界各地の数多の需要家様から《環境保全指向の実践と品質最優先を旨とする三進ブランドに対する厚い信頼》を頂戴するに至りましたが、他方で石油ショックやバブル経済崩壊等の深刻な経済変動にも見舞われましたので、その道程は決して順風満帆ではございませんでした。

また事業展開につきましては、創業後間もない昭和34年にプール・水処理事業分野を分社化し、此方も本年創立満59周年を迎え該市場での老舗に成長しました《㈱三進ろ過工業》と、今世紀初頭前後にそれぞれ海外独資子会社として設立致しました《マレーシア在 EBS Patrone (M)《中国蘇州在 三進化工環保装置(有)》の国内・海外計4法人の構成をもちまして、微力ながらも各々が三進グループの一員としての役割を果たす態勢を整え現在に至りました。

就きましては今般の創立満70周年の到来を機に、社員一同、決意も新たに需要家の皆様のご期待やご要望に尚一層的確にお応えすべく《独自の新技術・新製品開発に更に誠心誠意努めて参ります》ので、今後とも倍旧のご指導、ご鞭撻とお引立を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げ、書状にて甚だ略儀ながら併せて皆々様の益々のご健勝とご事業のご隆盛もお祈り申し上げ御礼のご挨拶とさせて戴きます。

代表取締役 柳下幸一:写真

代表取締役 柳下幸一